相続では、被相続人が残した権利義務を、相続人がすべて受け継ぎます。つまり、プラス財産(権利)だけではなく、マイナス財産(義務)も相続するので、借金があれば相続人はそれを返済しなければなりません。

 借金がある場合には、相続人が自己の財産から返済する義務が免除される方法(相続放棄、限定承認)を考えます。

 

■ プラス財産

 不動産(土地や家屋など)

 動産(車、貴金属、骨董品など)

 現金(預貯金等) → ※預貯金も銀行に対する債権ではなく、現金として扱われます。

 有価証券(株式、社債など)

 債権(貸付金、受取手形、小切手など)

 損害賠償請求権

 ゴルフ会員権 → ※会員規則によります。

 賃借権

 社員権 → ※相続されない場合もあります。

 

■ マイナス財産

 債務(借入金、支払手形など)

 公租公課(未納の税金)

 保証債務

  など